内部統制
menu home gaiyo gyomu seihin saiyo form

内部統制

   シカデンは、計測と制御・情報処理の技術商社として、公正な競争を通じてよい製品を提供し、適正な利益を得るという経済的責任を果たすことに留まらず、広く社会の一員として、その責務を果たし貢献する企業を目指しています。
この事を踏まえ、会社法並びに会社法施行規則に従い、次のとおり「内部統制システムの基本方針」を定め、業務の有効性と効率化、財務報告の信頼性を確保し、関連法規を遵守します。


1.取締役・使用人の職務の執行が法令・定款に適合する事を確保するための体制

(1)YOKOGAWAグループ共通の企業行動規範に従って、代表取締役社長がその精神を繰返し伝えるとともに、教育・研修等を通してコンプライアンスに関する企業姿勢を浸透させています。また、管理部を窓口とし内部通報制度を運用しています。
(2)コンプライアンスの徹底状況について、内部監査責任者が内部監査を実施し、その状況を取締役会及び監査役に報告しています。
(3)取締役の職務執行に関する規定を整備し、各取締役は取締役会を構成する取締役として、業務執行に関する監督責任を負う体制を整備しています。取締役の職務執行に対して、監査役が監査役監査を実施する体制を整備しています。
(4)取締役は法令に定められた「忠実義務」「善管注意義務」に則って職務執行を行います。


2.取締役の職務の執行が効率的に行われている事を確保するための体制

(1)意思決定に関する規定を整備し、取締役会における審議の充実と、取締役会以外への権限委譲を行っています。
(2)取締役会及び使用人が共有する全社的な目標を定め、その浸透を図るとともに、目標達成に向けて各組織に対して権限配分を行っています。取締役会は、達成状況の報告を受け、効率化を阻害する要因を排除・低減するなどの活動を求め、目標達成に向けて全社としての効率化を追求する仕組みを展開しています。また、経営情報のタイムリーな把握と情報共有に努めています。


3.取締役の職務の執行に係わる情報の保存及び管理に関する体制

情報の保存・管理に関する規程を整備し、保存すべき情報の明示、情報の取り扱い、保存の方法と媒体、保存の期間、管理責任者を定めて対応しています。


4.損失の危機管理に関する規程と体制

(1)「品質」、「輸出管理」などの統括部署を定め、重要なリスク情報については、取締役会に報告する体制としています。
(2)リスク管理の対応状況に対して、内部監査責任者が内部監査を実施し、その状況を取締役会及び監査役に報告しています。
(3)有事の際の情報伝達と緊急体制に関する規程を整備し、危機管理・対策に関する対応を定めています。


5.取締役及び使用人が監査役に通報するための体制、その他の監査役への報告体制

取締役及び使用人は以下に定める事項を監査役に報告する事としています。
1) 法令・定款違反に関する事項
2) 内部監査の状況及びリスク管理に関する重要な事項
3) 会社に著しい損害を及ぼす恐れがある事項
4) 意思決定に関する重要事項
5) 経営状況に関する重要事項
6) その他、コンプライアンスに関する重要な事項


6.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

(1)代表取締役社長、内部監査責任者との定期的な意見交換の場を設定しています。
(2)取締役及び重要な使用人からヒアリングを実施できる機会と環境を提供しています。


7.監査役がその職務を補助すべき使用人を置く事を求めた場合における当該使用人に対する体制

(1)補助すべき使用人は置いていませんが、必要なサポートを提供しています。
(2)監査役は、内部監査責任者を通じて必要な調査を依頼する事が出来る事としています。


8.当該使用人の取締役からの独立性に関する事項

補助すべき使用人を置いていないため該当しません。